モビットの審査に通過するポイント・落ちるポイント

モビットといえば、俳優の竹中直人さんと女優の夏菜さんを起用したCMでお馴染みの消費者金融ですね。3%〜18%という消費者金融の中では、低金利の部類に入る事やWeb完結サービス電話確認の必要がない事などから消費者にとって人気がある業者のひとつです。また三井住友銀行グループの消費者金融ということもあり、消費者からの信頼も厚くなっています。モビットに限った訳ではありませんが、カードローンを利用するには初めにモビットの審査に通過する必要があります。審査に通過しなければ、残念ながらモビットで借り入れをする事は出来なくなってしまいます。闇雲にカードローンへ申し込み審査に落ちてしまうと、その情報も信用情報機関へ記録されてしまいますから、他のローンを申し込んでも審査に落ちる要因となってしまう事があります。そういった事態を避ける為にも、モビットへ申し込む前に審査結果を左右するポイントについて知っておきましょう。

 

超重要!モビットの審査に通過する為のポイント

 

総量規制法は大丈夫?

 

モビットは三井住友銀行グループの為、中にはモビットを銀行系のカードローンだと勘違いしている人も多いようです。しかし、モビットは消費者金融ですから総量規制法により収入の3分の1までの借入しか出来ません。その為、収入のない方はモビットへ申し込んでも審査に通る事はないのです。

 

もし、年収が200万円の方がモビットへ申し込んだ時の希望借入額を100万円とすると審査が難しくなってしまいます。審査に通ったとしても借入可能額は100万円より100%低くなるので審査に通過しやすくする為には、年収の3分の1より少ない金額を希望しましょう。同様に他社からの借入額がすでに年収の3分の1に達している場合、もしくは余裕がない場合は審査通過は難しくなります。

 

個人信用情報は大丈夫?

 

ローンへの申し込みや延滞情報、そして任意整理や自己破産の情報は個人信用情報機関へ一定期間全て登録されてしまいます。もし、事故情報が信用情報機関から抹消していないうちにモビットへ申し込んでも高い確率で審査には落ちてしまうでしょう。最近では携帯電話料金の延滞により、事故情報が登録されてしまったケースが増えています。知らないところで事故情報として登録されていないか、個人信用情報の開示請求をして確認しておくと審査に落ちる可能性も低くなるでしょう。

 

10秒簡易審査も活用してみよう

 

総量規制法にも引っ掛からない、金融事故も起こしていない事を事前に確かめたら、次は10秒簡易審査を試してみましょう。これは簡単な質問に答えるだけで、カードローンに通るか簡易審査の結果が出るシステムです。この簡易審査に通るとスムーズに本審査へと進めますから試してみましょう。

 

まとめ
モビットは決して他の金融業者と比較しても特別審査の厳しい消費者金融ではありません。銀行系のカードローンと比べると審査に通りやすくなっています。ですが当然モビットでも必ずカードローンの審査が行われていて、中には審査に落ちてしまう人達もいます。モビットのカードローンへ申し込む際に確認しておきたいのが、モビットは収入の3分の1までしか借入が出来ないという事です。これはモビットだけではなく、他の金融業者からの借入金額の合計になりますから注意しましょう。また金融業者間で申し込み者の信用情報は共有されていますから、他社で延滞などの金融事故を起こしていたり何社にも申し込みをしている場合でも、モビットの審査に落ちる可能性が高まります。モビットでの審査に落ちる事を防ぐには、信用情報の開示請求を行ったり、10秒簡易審査を活用してみる事をお勧めします。もし、信用情報に傷がある場合はその登録情報が消えるまで待ってからモビットへ申し込んだ方が賢明です。

モビット

モビットのおすすめポイント


カードローン 実質年率 融資枠 無利息期間
モビット 3.0%〜18.0% 800万円 なし

※14:50までの振込手続完了が必要です。

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※パート、アルバイトなど安定した収入がある方

※審査時間:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。


モビット