派遣社員やパート・フリーターはモビットの審査に影響する?

世の中には正社員以外にも様々な働き方があります。派遣社員パート、アルバイトで生計をたてているフリーターなど色々です。カードローンの審査では、職業などの属性をスコアリングすることで判定が審査結果が左右されます。その時、職業については公務員といった安定した職業や上場企業のスコアが高くなります。そのため、正社員でもない派遣社員やパート、フリーターはモビットのカードローン審査に通過出来るのか気になる人もいるでしょう。結論からいうと、モビットでは派遣社員やパート、フリーターであっても審査に通過する事は出来ますし、問題なくカードローンを利用する事が出来ます。

 

職業は重要?モビットのカードローン審査

モビットのカードローン審査では、職業もスコアリングの対象となっています。カードローンの申し込み条件である安定した収入がある事とは、正社員を指している訳ではありません。毎月継続して収入を得られる事が重要なので、派遣社員やパート、フリーターという働き方であってもモビットの審査に通過する事は出来ます。では職業が審査に全く関係ないかというと、そうとは言えないのですが職業以上に毎月安定した収入があるという点が重視されます。

 

審査に落ちる事もある

働き方として派遣社員やパートでも審査に問題がないと述べてきましたが、派遣などで働く人達がモビットの審査に落ちる事もあります。

  • 勤務年数が短い
  • 勤務形態が不安定
  • 他社から借入をしている
  • 既に年収の3分の1ま借入をしている
  • 過去に金融事故を起こした事がある
こうした要素がある場合は、審査に落ちる可能性も否めません。勤続年数については、同じ職場で長期に渡って働いている方が信用を得やすくなります。逆に勤務してから日が浅い場合は、すぐに仕事を辞めてしまう可能性も考えられる為、審査には不利に働いてしまいます。また、派遣社員として働いているといっても、その勤務日数が月に数回程度と不安定だったり、短期のパートやバイトの場合は、安定した収入を得ているという条件を満たさないと判断されてしまう可能性もあります。残りの3つについては、正社員で働いていたとしても審査に落ちる原因となります。通常、他社からの借入数が多くなる程審査には不利になりますし、年収の3分の1以上の貸付はモビットでは行っていません。また、過去に起こした延滞などの事故情報がまだ信用情報機関から抹消されていない場合も審査に落ちてしまうでしょう。

 

モビットなら在籍確認がないから派遣社員でも安心

派遣社員の場合、在籍確認の連絡は派遣会社に入るのが普通です。しかし、大規模の派遣会社の場合は、在籍確認が難しい事もあります。また通常派遣会社に、直接契約者あての電話が入る事はありません。ですから、もし在籍確認の連絡がくれば例え消費者金融の名を出さなくても怪しまれてしまうのは間違いありません。しかし、モビットではこうした電話確認はありませんから派遣社員でも安心して申し込む事が出来ます。

 

まとめ
在籍確認のないモビットは、派遣社員やパート、ふりーには有り難い消費者金融です。安定した収入さえあれば、正社員ではなくても問題なくカードローンに申し込む事が出来ます。銀行カードローンのなかには、職種が重要視され派遣社員やフリーターでは審査が厳しくなる事もありますが、モビットではそんな事はありません。モビットでは、派遣社員など職種によって審査が厳しくなるなどという事はないのです。モビットでは職種や雇用形態よりも本人に毎月安定した収入があるかないかが重要となっているのです。ただし、勤続年数が少なかったり既に複数の業者から借入をしている場合は、審査に落ちる事もあります。ですがそれは、正社員であっても同じ事で、派遣社員やパートだからではありません。ちゃんとした収入さえあれば、職種や雇用形態が原因でモビットの審査に落ちる事はほぼ無いと考えても構いません。またどうしても不安なら、本審査の前に利用出来る10秒簡易審査を試してみると良いでしょう。

モビット

モビットのおすすめポイント


カードローン 実質年率 融資枠 無利息期間
モビット 3.0%〜18.0% 800万円 なし

※14:50までの振込手続完了が必要です。

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※パート、アルバイトなど安定した収入がある方

※審査時間:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。


モビット